文京区の社労士が考えるトランプ政権

アメリカは一強時代ではないものの、世界に大きな影響力を持つ国です。
トランプ政権の選択が遠く離れた日本の文京区で働く自分の生活を変える可能性がゼロではありません。
だから他国のことだからと無関心になることなく、日本を含む世界が進む道を見ていく必要があります。
善良な消費者が企業の抑止力になるように、民主主義の国であれば国民が政治に関心を持っていれば指導者たちは批判を受けないように動き世界が健全に回ります。

トランプ政権のいいところ

トランプ大統領は政治経験が全くないので、日本の政治家が上手く立ち回れば日本の良いように進められます。
経営者時代の彼はとても優秀で、社労士としても一緒に働いてみたいです。
しかし政治家としてのスキルは未知数であり、おだてられると上機嫌になりやすいところもあります。
それを利用して交渉していけば日本の希望を通せます。
また世界情勢についてはロシアとの歩み寄りの姿勢が見られます。
プーチン大統領に敬意を示しており、関係があまり良くないアメリカとロシアが協力できれば各地で起きている紛争が解決する手助けとなります。
トランプ大統領は北朝鮮に対しては妥協しない強い姿勢を見せたことで、非核化への第一歩が踏み出されたのも日本の安全に貢献しました。
核問題はまだ完全な解決には至っていませんが、金正恩氏はトランプ大統領の圧に負けているので日本とアメリカが友好関係である以上は拉致問題の解決といった日本の要望も通しやすい状態にあります。

トランプ政権の怖さ

トランプ政権に否定的な人の多くが、自国民しか見ていない姿勢を指摘します。
彼はアメリカ国民を守るために輸入品に高い関税をかけるなどの保護貿易を好んでいます。
アメリカとカナダ、メキシコで結んでいるNAFTAが国内の失業率を上げているという理由で離脱するなど、他国の経済状況を考えない経済政策が多いです。
輸出によって経済を回している国にとっては、アメリカが自由貿易に消極的なのは死活問題で日本も含まれます。
トランプ大統領は日本との貿易は不平等と主張し、自動車に高い関税をかけたがったこともあります。
日本の輸出先としてアメリカは大部分を占めるため、関税により輸出業が衰退すると国内経済が悪化します。
経営者として成功してきた彼は堂々としており強力な国のリーダー像に合っています。
しかしそれゆえに周りの意見を聞き入れず自分勝手な行動で悪い方向に向かいやすい怖さを持ちます。
広く意見を取り入れなければ世界に取り残されたアメリカになってしまいます。

新宿の整体院でトランプ政権について討論

政治の話題というのはとかく揉め事に発展しやすいだけに社会人の話題としてはタブーとされることもあります。
しかし、それはあくまでも相手が強硬に自分の主張を通そうとするからであり、政治自体の是非を巡って良いところもあれば悪いところも認めることができれば、有意義な討論をすることができるものです。
先日訪れた新宿の整体院では、院長が実に政治に明るい人であり偏りのない思想の持ち主だったので有意義な討論ができました。

院長が政治に明るい人でした

普段は人と政治のことについて語ることはないのですが、整体院の院長が政治に明るい人でしかも偏りがない人だったので、純粋に政治のあり方について話をすることができました。
大体の場合、この手の話をすると二元論になりがちで自分の主張と反するものは全否定になりがちなのですが、そのようなことがなかったので話していてとても有意義なものでした。
結局の所、皆が世の中を良くしようと思ってやっているわけで、それが上手くいかないだけの話であり、目指す方向は誰もが一緒だということになったのです。
目指す方向が一緒にもかかわらず、方法の違いによって対立をして足を引っ張り合ってしまうのが現代社会の課題なのではないかと語っていました。
院長の言うことはどれも納得のできるものであり、それと同時に明確な解決方法がないことももどかしさも感じさせられるものであり、政治というのは素人が思っているよりもずっと難しいことを再認識したのです。

良い点も悪い点もある…

話題はトランプ政権のことになったのですが、ここでも院長の評価は良い点もあるし悪い点もあるということでした。
良い点としてはとにかく強引にでも物事を推し進めていく姿勢というのは、なかなか話が前に進まない現代社会においては大きな武器になるものであり、それが上手くはまったときには社会を急速に良い方向に進めることができます。
悪い点は強引なやり方は反発を生みますし、結果が裏目に出ると守りに入っていないだけに、ダメージも大きなものとなってしまい、ハイリスクハイリターンの政治になってしまうということでした。
守りに入りすぎて何も変わらないのもよくありませんが、政治において博打をするわけには行きませんから強引なやり方が正しいということにもなりません。
やはり、誰が政治を行ったとしてもそのやり方には良い点もあり悪い点もあるということですから、何が正解というのはないのでしょうね。
正解がない以上はトランプ政権のやり方が、日本にとって有益であってくれることを願うしかないのかも知れません。

レジスターのメーカーはトランプ政権の影響を受ける?

トランプがアメリカの大統領になってから1年以上が経過していますが、レジスターメーカーはその影響を受けているか問題になります。
業者と言っても様々なところがありますが、基本的に日本に属している企業のことです。
これらが影響を受けるのは、米国の政策によるものです。
つまり、トランプがどのような政策を打ち立てるかで、いくらか受ける影響が変わってくるわけです。
ではいったいどのような政策を考えているのか見ていきましょう。

輸入・輸出の関税問題

トランプは、だれをベースにしているかといえばドナルドレーガンの政策をベースにしているとされています。
ドナルドレーガンといえば、30年近く前に大統領をしていた人ですがその政策をそのまま受け継いでいると言えるでしょう。
トランプの政策は、アメリカファーストといわれており、アメリカを第一に考える方策です。
今までのオバマ大統領とは異なり、赤い国旗の国を敵に回すような政策をしているのがポイントになります。
それこそ、アメリカとソ連が対立していた時のようなポリシーに陥りがちです。
最近は中国が台頭してきましたので、何かと中国に文句をつけるようなことが多くなってきました。
日本としては、トランプ大統領を媒体機関がたたいていますが、実際には日本にとってはメリットの方が多いといえます。
輸入や異質の関税問題に関しては、ドル高になることにアメリカは得をすることになり日本は損することになっています。
現在は、円高の傾向がありますので、どちらかといえば日本の輸入が得をします。

国内メーカーなら関係なさそう

そもそも、流失は輸入などの問題は海外で作った製品を日本に持ち込むことですので、国内でレジスターを作っている会社にはほとんど影響はないといってよいでしょう。
ただし、極端に円高になれば物価が下がってしまい会社の方も打撃を受ける可能性があります。
円高になると物価が下がる傾向があるため、安い金額でしかレジスターを販売することができなくなってしまいます。
そうすると、社員の給料がそのままの状態で物価だけが下がれば会社自体が首を絞められるような状態になるといっても過言ではありません。
このような状況を考えれば、レジスターメーカーは大いに影響を受けるにちがいありません。
では今後円高になるのか円安になるのかといえば、少なくともう2018年の段階ではトランプ自体が円安ドル高にしようとしています。
逆に日本としては、円高ドル安にしたい傾向があります。
1ドル\105から\115の間を動いているだけでそれほど大きな変動が見られない可能性の方が高いです。

東京の音楽スタジオでトランプ大統領の今後について語り合った

東京の音楽スタジオをレンタルして、トランプ大統領の今後を語り合いました。
東京で音楽スタジオというと地方に比べてたくさんありますし、
なによりも個室であることがトランプ大統領のことに関して話をするのに適していると判断したからです。
カラオケボックスという手もありますが、絶対に音が漏れないと言う点で
東京の音楽スタジオがすぐれているからです。
トランプ大統領は元々政治とはかかわりないビジネスマンですので、
ある程度大統領職を満喫したら任期を満了する前にあきてしまい、
側近たちに任務を丸投げしてしまう、あるいは辞めてしまうというのもなくはない話です。
今は勢いがあり、傍若無人ぶりに周りが振り回されているので注目され
本人も自己顕示欲が満たされやっていけますが、それに周りが慣れて飽きてきたら、
どんなにサポートがあってもど素人が長続きはしないでしょう。

東京で借りた音楽スタジオはこちら
http://www.s-u-r.co.jp/

施工図はトランプ大統領の今後の発言を鑑みてから作成させる

アメリカの新大統領であるトランプ大統領は、前政権から引き継いだ政策を覆しています。
また、トランプ大統領は主に経済面で日本批判も展開していて、
アメリカの大統領の発言は日本経済の行く末にも大きな影響を与えかねない状況です。
ですから、これから施工図屋が施工図を書くときには、
トランプ大統領の今後の発言を鑑みておくことが大切です。
トランプ大統領の発言次第では、日本経済状況が悪化して、
予算の変更を強いられるなどの影響が出る可能性があります。
せっかく書いた施工図が無駄になる可能性につながるので、
施工図屋としてはトランプ大統領の今後の発言に注目しておきましょう。
発言に注目しておけば、書いた施工図が無駄にならなくなります。

陥没乳首の手術中にトランプ大統領の今後が不安になった

陥没乳首を治すために通っていた美容整形外科でようやく手術を受けることになりました。
麻酔でぼんやりしながら、ふと頭をよぎったのがトランプ大統領のことです。
共和党の候補戦の段階から、大統領になることはないと言われてきたトランプ氏もついに大統領です。
彼が就任を終えて正式にトランプ大統領になった今、
彼の公約通りに事が進めば間違いなくアメリカに変革が起こります。
その結果次第でトランプ大統領の今後の評価が定まっていくような気がします。
排外主義やアメリカ第一主義を掲げ、既存のオバマ的路線を打ち壊す変革のキーになるのか、
その行動に全世界が注目しています。
どうして陥没乳首の手術中に気になったのかはわかりませんが、
トランプ大統領の今後には目が離せません。

autocad互換はトランプ大統領による米国変革よりも重大ニュースだった

autocad互換がトランプに関することよりも重大だと考えた方は要注意ですよ。
思考が停止してしまってないですか。
まさかトランプが選ばれるなんて、などと大手メディアやジャーナリストどもが抜かしていましたが、
当のアメリカでは多分トランプが選挙に勝つだろうと考えていた人が沢山いたようです。
ヒラリーが勝つと思っていた安倍首相が慌ててトランプに会談を申し込んだあげく、
会談後オバマ側とは立ち話程度にとどまっている。
これからの対米姿勢は、本当に目が離せません。

登記可能なレンタルオフィスをトランプ大統領が誕生したときに発見した

登記可能なレンタルオフィスがあったことに驚いています。
トランプ大統領が誕生したときに登記可能なレンタルオフィスを発見したのです。
トランプ大統領の今後は世界にどのような影響を与えるのでしょうか。
記者会見を開いていましたが、これまでの発言よりもすこしトーンダウンした印象をうけました。
しかし、これからの世界がダイナミックに動いていくことは間違いないでしょう。
トランプ大統領の誕生が世界の平和につながっていけばいいと心から願っています。
これからしばらくは、様子を見ないといけないでしょうね。
ニュースや新聞をよく読んで、トランプ大統領の今後を占ってみたいと思います。
情勢を注視する必要があると感じているからです。

メイクポーチとトランプ大統領が嫌いな理由について

世界はどうなっていくのでしょうか。
もうそのような感覚で見ています。
嫌いなものはトランプ大統領、そしてメイクポーチです。
トランプ大統領に関しては、どうしてこの人が大統領に選ばれたのか理解不能です。
アメリカの国民の方々はどうしてしまったのだろうか、と思いつつも、
実際にはあのように声が大きくて、良く言えば我が強い、声が大きい、
主張が大きい人ほど、トップに立ってしまうことがあるんだそうです。
これは心理学では、「優しい人」ほど、相手の気持ちを考えてしまって、
なかなか自分の意見を言い出せないから、だから政治家にはならない、
向いていないけどなれない、ということらしいです。
トランプ大統領の今後は、かなり両極端にいる人なので、
恨みを買ってしまう人生を歩むのではないかと推測しています。

臨床心理士がトランプ大統領と世界の今後について懸念を示した

トランプ大統領が近い将来、政治の舞台に姿を現します。
当初は泡沫候補と見られた彼ですが、あれよあれよという間に、
世界に影響力を与えていき、気づいた時には大統領選挙で勝利していました。
彼の過激な言動は、臨床心理士が懸念を強く示すレベルです。
異なる価値観を持つ人々に対して、執拗に攻撃的な言動を行っています。
かつての世界大戦のきっかけともなった、
ナショナリズムや排他主義を具現化したようなトランプ大統領の今後は、
世界中の人々が固唾をのんで見守っています。
彼を筆頭に、欧州各国ならびにアジア諸国では、
リベラルではなく、ナショナリストを堂々を掲げるリーダーが誕生していき、
今後の国際社会は混迷を極めると予想されます。

横浜の看板はトランプ大統領が誕生したことで変わる可能性があるか?

横浜の看板というものは、米軍基地が近いということもあり、
アメリカの世相ともリンクすることが珍しくありません。
今までは初の黒人大統領となったオバマ氏や、
その言葉をあしらったものも散見され、時代の変遷が映し出されているのです。
では、トランプ大統領となったことで、どのように変わっていくのでしょうか。
その強烈なキャラクター性は、パロディー看板の題材としてはもってこいです。
別の見方をすれば、在外米軍の撤退を訴えるトランプ大統領の今後次第では、
基地がある横須賀において景色が一変する可能性もあります。
世界はグローバル化しているだけに、大統領の去就は、横浜の看板にまで影響を与えます。
それだけに、トランプ大統領からは目が離せないのです。

ウユニ塩湖とトランプ大統領の世界の評価は?

ウユニ塩湖といえば南米のボリビアにある世界最大級の塩湖です。
まるで雪のように光る美しい塩の結晶が地平線いっぱいに広がっています。
視界を満たすのは雪でもなく、砂糖でもなく、あの塩辛い塩だけで、
想像しただけで口の中が渇いてきそうですが、
あまりの美しさゆえにウユニ塩湖には世界中から観光客が絶えないそうです。
そんな世界の秘境紹介番組を見ながらザッピングすると、
トランプ大統領の動向がニュースで伝えられていました。
ふとウユニ塩湖の評価とトランプ大統領大統領の評価を比べてみたくなりました。
湖はこれからも姿かたちを変えることなく人々を魅了し続けるでしょうが、
果たしてトランプ大統領はどうでしょう。
トランプ大統領の今後の活動次第で変わってくるのではないのでしょうか。

iphone買取を横浜で見つけた看板で

先日、両親から「新しい格安スマホに買い替えたからあげる」と
ipnoneを2台ももえらました。おこずかいだそうです。
まだ結構高く売れると思うので臨時収入としてありがたく受け取り、さっそく調査開始。
安倍総理が1月にトランプ大統領と会談予定、のニュースを横目で見ながら
ふと目の前の看板に目をやるとiphone買取は横浜で、とお店の看板が。
問合せてみたら今までで一番高額な買い取り額だったので行くことにしました。