新宿の整体院でトランプ政権について討論

政治の話題というのはとかく揉め事に発展しやすいだけに社会人の話題としてはタブーとされることもあります。
しかし、それはあくまでも相手が強硬に自分の主張を通そうとするからであり、政治自体の是非を巡って良いところもあれば悪いところも認めることができれば、有意義な討論をすることができるものです。
先日訪れた新宿の整体院では、院長が実に政治に明るい人であり偏りのない思想の持ち主だったので有意義な討論ができました。

院長が政治に明るい人でした

普段は人と政治のことについて語ることはないのですが、整体院の院長が政治に明るい人でしかも偏りがない人だったので、純粋に政治のあり方について話をすることができました。
大体の場合、この手の話をすると二元論になりがちで自分の主張と反するものは全否定になりがちなのですが、そのようなことがなかったので話していてとても有意義なものでした。
結局の所、皆が世の中を良くしようと思ってやっているわけで、それが上手くいかないだけの話であり、目指す方向は誰もが一緒だということになったのです。
目指す方向が一緒にもかかわらず、方法の違いによって対立をして足を引っ張り合ってしまうのが現代社会の課題なのではないかと語っていました。
院長の言うことはどれも納得のできるものであり、それと同時に明確な解決方法がないことももどかしさも感じさせられるものであり、政治というのは素人が思っているよりもずっと難しいことを再認識したのです。

良い点も悪い点もある…

話題はトランプ政権のことになったのですが、ここでも院長の評価は良い点もあるし悪い点もあるということでした。
良い点としてはとにかく強引にでも物事を推し進めていく姿勢というのは、なかなか話が前に進まない現代社会においては大きな武器になるものであり、それが上手くはまったときには社会を急速に良い方向に進めることができます。
悪い点は強引なやり方は反発を生みますし、結果が裏目に出ると守りに入っていないだけに、ダメージも大きなものとなってしまい、ハイリスクハイリターンの政治になってしまうということでした。
守りに入りすぎて何も変わらないのもよくありませんが、政治において博打をするわけには行きませんから強引なやり方が正しいということにもなりません。
やはり、誰が政治を行ったとしてもそのやり方には良い点もあり悪い点もあるということですから、何が正解というのはないのでしょうね。
正解がない以上はトランプ政権のやり方が、日本にとって有益であってくれることを願うしかないのかも知れません。

おススメサイト
腰痛や肩こりでお悩みなら新宿の整体のこちらへ
→→→https://www.sn-chiryo.com/

レジスターのメーカーはトランプ政権の影響を受ける?

トランプがアメリカの大統領になってから1年以上が経過していますが、レジスターメーカーはその影響を受けているか問題になります。
業者と言っても様々なところがありますが、基本的に日本に属している企業のことです。
これらが影響を受けるのは、米国の政策によるものです。
つまり、トランプがどのような政策を打ち立てるかで、いくらか受ける影響が変わってくるわけです。
ではいったいどのような政策を考えているのか見ていきましょう。

輸入・輸出の関税問題

トランプは、だれをベースにしているかといえばドナルドレーガンの政策をベースにしているとされています。
ドナルドレーガンといえば、30年近く前に大統領をしていた人ですがその政策をそのまま受け継いでいると言えるでしょう。
トランプの政策は、アメリカファーストといわれており、アメリカを第一に考える方策です。
今までのオバマ大統領とは異なり、赤い国旗の国を敵に回すような政策をしているのがポイントになります。
それこそ、アメリカとソ連が対立していた時のようなポリシーに陥りがちです。
最近は中国が台頭してきましたので、何かと中国に文句をつけるようなことが多くなってきました。
日本としては、トランプ大統領を媒体機関がたたいていますが、実際には日本にとってはメリットの方が多いといえます。
輸入や異質の関税問題に関しては、ドル高になることにアメリカは得をすることになり日本は損することになっています。
現在は、円高の傾向がありますので、どちらかといえば日本の輸入が得をします。

国内メーカーなら関係なさそう

そもそも、流失は輸入などの問題は海外で作った製品を日本に持ち込むことですので、国内でレジスターを作っている会社にはほとんど影響はないといってよいでしょう。
ただし、極端に円高になれば物価が下がってしまい会社の方も打撃を受ける可能性があります。
円高になると物価が下がる傾向があるため、安い金額でしかレジスターを販売することができなくなってしまいます。
そうすると、社員の給料がそのままの状態で物価だけが下がれば会社自体が首を絞められるような状態になるといっても過言ではありません。
このような状況を考えれば、レジスターメーカーは大いに影響を受けるにちがいありません。
では今後円高になるのか円安になるのかといえば、少なくともう2018年の段階ではトランプ自体が円安ドル高にしようとしています。
逆に日本としては、円高ドル安にしたい傾向があります。
1ドル\105から\115の間を動いているだけでそれほど大きな変動が見られない可能性の方が高いです。